最高峰ゲーム オンラインカジノ


ライブカジノでバカラを遊ぶ場合はゲームの基本的な流れを知っておこう

ライブカジノでのバカラは、実店舗のカジノと同じような感覚でゲームに参加できるのが大きな魅力です。しかし、どんなカジノゲームにおいてもいえることですが、バカラに参加するためにはゲームの基本的な流れを知っておかなければなりません。
カジノにはポーカーやブラックジャック、ルーレット、スロットなどたくさんのゲームがありますが、バカラはその中でも比較的流れを覚えやすいといわれており、これがこのゲームの人気の理由にもなっています。

ゲームの基本的な流れバカラは、目の前で仮想的に繰り広げられるバンカーとプレイヤーの2人によるゲームにおいて、どちらが勝つか、あるいは引き分けるかを予想して賭けていくゲームです。参加者がすべきことは、賭け方を選択してチップを置くだけで、あとは成り行きに任せるだけになります。
参加者全員がベットを終えると、仮想のゲームが開始されます。ここで行われるゲームとは、プレイヤーとバンカーの手持ちのカードの点数を足し合わせたときに、下一桁の数のどちらが大きくなるかという勝負です。
点数はAが1点、2~9までが数字そのまま、10と絵札は全て0点となっています。
最初に、ディーラーはプレイヤーとバンカーの双方にカードを2枚配ります。このとき、どちらか一方の合計点の下一桁が8か9の場合、もしくは両者の合計点が6もしくは7になっている場合は、その時点で勝負となり、点数の多い方の勝ちとなります。

ライブカジノでバカラを遊ぶプレイヤーとバンカーのうち、先に行動を決めるのはプレイヤー側です。もし、プレイヤー側が5点以下だった場合は無条件で3枚目が配られます。
一方、バンカー側は自身の2枚のカードとプレイヤー側の3枚のカードの合計点数に応じて3枚目を引くかどうかが決まり、展開によってはカードを引かずに勝負することがあります。プレイヤーとバンカーの双方が行動をし終えたら勝負となり、点数の多い方が勝ちとなり、勝つ方に賭けていた参加者には賭け方に応じたオッズにしたがってチップが払い戻され、はずれた参加者はチップが没収となります。

以上が、バカラの基本的な流れです。バカラの賭け方にはたくさんの種類がありますが、初心者はバンカーとプレイヤーのどっちが勝つか、もしくは引き分けになるかの3通りの中から選ぶと良いでしょう。